洗顔

洗顔ブラシは肌に悪い?肌を傷める理由と正しい使い方

洗顔ブラシは肌に悪いのでしょうか。人によっては洗顔ブラシで肌を傷める場合もあります。本記事では洗顔ブラシは肌に悪いといわれる理由と正しい使い方について解説。

洗顔ブラシは生かすも殺すも使い方次第

結論から言えば洗顔ブラシは、使い方を間違えれば100%肌に悪くなるので注意が必要です。

ただし適切に使うことで洗顔ブラシの効果は最大限に発揮され肌の汚れを綺麗に取ることができます。

しかし多くの方が洗顔ブラシの使い方を間違えています。
ですから洗顔ブラシを使ったことにより、ニキビが増えてしまったり乾燥肌になってしまったりしているのです。

洗顔ブラシにより肌を痛め、肌に悪い影響を与えてしまうのは使用者次第。

とはいうものの洗顔ブラシの使い方は非常に難しいので、たとえ自分なりに丁寧に使用したとしても多くの場合は肌に悪い影響を与えてしまいます。

以下では洗顔ブラシが肌に悪いと言われている理由について説明しています。

 

洗顔ブラシが肌に悪いといわれる理由

洗顔ブラシの質感が肌に合わない

洗顔ブラシといっても、ブラシの部分が硬いものや非常に柔らかいもの様々な洗顔ブラシが存在します。

その中で柔らかいブラシが自分に合っているのか硬いブラシが自分に合っているのか見極めなければならないのです。

一番多いパターンは何となく洗顔ブラシを買って自分の肌に洗顔ブラシの質感が合わないにもかかわらず使い続けるという事。

洗顔ブラシを使った時に違和感を覚えるのはそれは肌が洗顔ブラシを受け付けていない証拠。
特に硬めのブラシを使っている方は要注意。

たしかに固めのブラシは肌の汚れを綺麗に取ることができるかもしれません。
しかしそれ以上に硬めの洗顔ブラシにより肌に大きなダメージを与えています。

たとえ硬めのブラシを傷つかないように使っていたとしても、もともとあなたの肌が弱かったり、敏感肌状態である場合、少しの刺激でも肌にダメージを与えてしまうのです。

肌にダメージが加わってしまう事で肌の組織はボロボロになります。

ただの組織がボロボロになると今度はその隙間から水分が蒸発してしまうようになるのです。
つまり洗顔ブラシで肌を痛めたことにより乾燥肌になってしまうということ。

せっかく肌の汚れを取って見た目を綺麗にしたとしても肌の水分が失われてしまえば、水分とセラミドによるバリア機能は低下し、さらにダメージ起きやすくなってしまいます。

その結果様々な肌トラブルに見舞われる結果になるでしょう。

洗顔ブラシの質感が合わないのに使い続けるという事をやめましょう。
少しでも違和感があるのであれば、それはあなたにその洗顔ブラシが合っていない証拠となっています。

強くこすりすぎで肌を痛めている

洗顔ブラシを購入する方の意識としては肌の汚れを綺麗に落としたいという気持ちが大きいでしょう。

それはメイクの毛穴残りであったり、過剰に分泌された皮脂であったり。

しかし、綺麗に洗いたいという意識を持ち過ぎるがために強すぎる力で洗顔ブラシを使用すると肌を傷める原因となります。

最悪なのは上記で説明したブラシの質感が合っていないもので強い力で洗顔するという事。

肌は本当に傷つきやすい部分なので、このような力加減や肌に合わないブラシで洗顔をし続けることは肌にとって悪影響でしかありません。

よくある洗顔ブラシの失敗談として、プロアクティブが挙げられます。

プロアクティブを使ったことにより肌が荒れたという口コミを見たことがあるかもしません。
その理由はそもそもプロアクティブの洗顔成分が日本人に合っていないということも言われていますが、プロアクティブに付属してくる洗顔ブラシで力一杯洗い過ぎるという原因もあるのです。

洗顔ブラシは非常に扱いが難しいもの。
洗顔ブラシを使う際は、違和感のない洗顔ブラシを選ぶこと。そして、本当に優しい力で洗顔ブラシを使うことが肌に悪い影響を与えないポイントです。

洗顔ブラシを毎日使うから

多くの方が勘違いしているのは洗顔時に洗顔ブラシを必ず使わなければならないという事です。

洗顔ブラシは、たとえ優しい力で使ったとしてもその洗浄力と引き換えに肌へのダメージを与えてしまいます。

ですから、実は洗顔ブラシは毎日使わなくてもよいのです。

洗顔ブラシはある程度汚れが溜まり固まりかけの時に使用するのがベスト。

毎日使うと汚れ1つない肌に保つことができますが、それ以上に毎日肌を傷付けてしまう事となります。

洗顔ブラシは、毎日使うものではありません。

人によって使用頻度は変わりますが3日に1回。少ない方では一週間に1回で大丈夫です。

 

洗顔ブラシに雑菌が繁殖している

洗顔ブラシが肌に悪い影響を与えるものとして見落としがちなのは洗顔ブラシに雑菌が繁殖しているということ。

水場は菌が繁殖しやすいですよね。

それは使用後の洗顔ブラシに残っている水も例外ではありません。

洗顔ブラシを使用して浴室にそのまま放置。

これを繰り返していると肌に悪い影響を与える雑菌が繁殖するばかりではなく、ブラシの奥底の方にカビも繁殖させてしまう原因となります。

考えてみてください。

洗顔ブラシは、ただでさえ肌に悪い影響を与えやすく痛めやすいもの。

洗顔ブラシを使って肌を傷付けてその隙間からカビや雑菌が皮膚の中に侵入する…。

当然ですがこれは肌に悪い影響を与えますよね。

皮膚の中に侵入した雑菌やカビは、ニキビや皮膚炎、その他様々な肌トラブルを引き起こす原因です。

洗顔ブラシを使ったら浴室に放置するのではなく、ドライヤーなどでしっかりと乾かしておくことが大事。

洗顔ブラシに雑菌が繁殖するというのは盲点ですが、よくよく考えてみたら恐ろしい事ですよね。
洗顔ブラシを使ったら肌に悪い影響が出たという方は、洗顔ブラシの使い方だけではなく洗顔ブラシの保管方法まで気をつけてください。

 

洗顔ブラシ後のスキンケア不足

洗顔ブラシを使わなかったとしても洗顔後はとても乾燥しやすい状態にあります。

その理由は洗顔時の水分が蒸発する時に、あなたの肌がもっていた成分も一緒に蒸発してしまうので肌の水分量が下がってしまうからです。

それに加え、洗顔ブラシを使っているのであれば多少なりとも肌が傷ついているので、余計に水分が蒸発しやすいのは当たり前の事。

ですから洗顔ブラシを使った使っていないにかかわらず、洗顔後はしっかりと保湿するようにしましょう。

保湿する時はヒアルロン酸化粧水やコラーゲン化粧水などの保湿化粧水ではなくセラミド化粧水がおすすめ。

ブラシを使って痛めた肌は肌に隙間できており、そこから水分が逃げて乾燥しやすい状態。

その状態の時にヒアルロン酸やコラーゲンを足しても、その隙間は埋まっていないためにすぐに蒸発してしまうからです。
その点、セラミド化粧水はセラミドが傷ついた肌の隙間を綺麗に埋めるのでしっかりと保水する事ができます。
つまり水分を逃がさないのです。

セラミドで水分を守るバリアを張ることで、洗顔ブラシ後の保湿ケアを完璧にする事ができるのです。

ここで1つおすすめのセラミド化粧水を紹介させてください。

筆者がおすすめしたい化粧水は小林製薬が販売しているヒフミドという化粧水。

ヒフミドは現在販売されているセラミド化粧水の中でもダントツで多いヒト型セラミド配合しています。

ヒト型セラミドは肌の組織にとてもなじみやすく保水力も抜群に高い成分。

そのヒト型セラミド三種類も配合しているのがヒフミド。
ヒト型セラミド3種類配合しているのはヒフミドのみ。

洗顔ブラシを使った後はヒフミドで保湿する事がおすすめです。
ヒフミドで保湿する事によって洗顔ブラシのダメージをケアする事ができ乾燥を防ぐことができますよ。

洗顔ブラシのメリット

では洗顔ブラシを使うことで肌に悪い影響ばかりであれば使う意味がないではないか!と思うかもしれません。

結論から言えば洗顔ブラシはほとんど必要ありません。

しかし洗顔ブラシにも多少なりともメリットは存在するわけです。

洗顔ブラシのメリットは汚れを綺麗に落とすことができること。

ブラシで物理的に摩擦を起こし顔の表面を掃除する事により、水だけでは取り切ることができなかった汚れや皮脂残りを洗い流すことができます。

また、洗顔料と合わせて使うことにより、その洗浄力はより強力さを増します。

しかし、ブラシを使わずとも品質の良い洗顔料を使うことで浮かせて落とすことが可能。

現状を洗顔ブラシはあまり必要のないものと言えるでしょう。

どうしても顔の肌をゴシゴシ強力に洗いたい人のみ使ってください。

基本的には一歩間違えればものすごく肌に悪い影響を与えるので洗顔ブラシはあまりおすすめできません。

もう肌に悪いとは言わせない!洗顔ブラシを正しく使おう!

1.洗顔料を泡立てる

洗顔ブラシを使うときはよく洗顔料を泡立ててください。
洗顔料を泡立てることによりブラシと肌の摩擦を和らげる効果があるからです。

また、泡が汚れを出すのでより綺麗に肌を洗浄する事ができます。

洗顔ブラシと同様、「泡洗顔はよくない」といわれますがそうではありません。

使用する洗顔石鹸に界面活性剤が入っている事がよくないのであり、入っていない洗顔石鹸を泡立てるのは問題ないのです

2.そっと触れる程度で円を描くように

実際に洗顔ブラシを洗っていく中で、力強くゴシゴシ洗うのは厳禁。
洗顔ブラシを肌に触れるか触れないか程度の力で円を描くように洗っていきましょう。

洗顔ブラシを使って少し違和感を覚えるのであれば、触れないギリギリのところで洗顔ブラシ使うことにより、泡だけが回転し、洗うことも可能です。

3.ぬるま湯ですすぐ

洗顔ブラシを使って顔を洗い終えた後は水ではなくぬるま湯ですすぐようにしましょう。
これは洗顔ブラシを使った時に限らず洗顔時はぬるま湯で洗うことが良いでしょう。
その理由は、30℃程度のぬるま湯は皮脂を溶かし始める温度。
ぬるま湯を使うことにより効果的に皮脂を洗い流すことができるからです。

冷たい水を使った水洗顔も毛穴を引き締めるなどの効果がありますが、それよりもぬるま湯で皮脂を洗い流したほうがメリットが大きいです。
それに毛穴を引き締めるのであればセラミド化粧水を使えば良いだけですから。

洗顔ブラシは電動か手動か

洗顔ブラシといっても、手動の洗顔ブラシ、電動の洗顔ブラシ両方存在します。
それではこのどちらの洗顔ブラシが肌に良くて、もう一方は肌に悪いのでしょうか?

基本的には、電動ブラシの方がオススメです。

というのも電動ブラシは細かい振動で泡立てる効果があります。
それに、均一な力で洗顔をする事ができるため、自分の想像通りの洗顔を実現する事ができます。

一方、手動の洗顔ブラシは自分で力加減を調節できそうな気がしますが、実は力の入り具合はブレブレ。
手動の洗顔ブラシは価格が安いですがどちらかというと肌に悪い影響を与えてしまう可能性の方が大きいです。

やはり電動ブラシの回転や細かい振動の方が汚れを綺麗に落とすことができますから使うのであれば肌にとって電動ブラシの方が良いでしょう。

防水タイプの電動ブラシもあるので、入浴中に洗顔する事ができるのも嬉しいですね。
ただし、電動ブラシは機械なので価格が高いというデメリットがあります。

お風呂で洗顔ブラシを使うには注意点があります。

それは上の方でも解説した洗顔ブラシの雑菌繁殖により肌に悪い影響を与えてしまう可能性があるということです。

防水タイプの電動洗顔ブラシを使うのは良いですが、その後のメンテナンスをしっかりとしなければなりません。

手間やコストがかかるけど肌を傷めず綺麗に洗える電動洗顔ブラシ

コストはかからないが肌に悪い影響を与える可能性がある手動洗顔ブラシ

使うのであれば電動洗顔ブラシのがおすすめ。

 

洗顔ブラシは使い方次第で肌にとっても悪い

ここまで洗顔ブラシについて読んでみると実は洗顔ブラシていらないなと思っている方が大半でしょう。

私もここまで執筆してみて改めて洗顔ブラシは必要ないものだなと感じています。

洗顔ブラシで得られる洗浄力というメリットは、石鹸の品質で解消できます。
そこで洗顔ブラシに残ってしまうのは出てしまう肌に悪いというデメリット。

結論としては洗顔ブラシは肌を痛めやすく肌に悪い影響を与える可能性があるので使わないほうが無難と言えるでしょう。

ただ、皮脂の分泌が異常でどうしても毛穴詰まりがひどくなってしまうという方は、皮脂が酸化して黒ずみになって固まってしまう前に使うのは良いかもしれませんね。

洗顔料は使わない」という方がいますが、それは逆効果。
洗顔ブラシを使用する際はしっかりと洗顔料を使ってください。

また、洗顔ブラシを使うと肌に悪い。じゃあも顔を洗わないという極端な方もいますが、「顔を洗わない」も逆効果なので注意してください。

 

毎日の洗顔ブラシは肌に悪い。でも「毎日キレイにしたい」そんな時は?

肌に優しい洗顔料がおすすめ!

結論としては洗顔ブラシは肌に悪いので必要ないという事が分かりました。

でも洗顔に全くこだわらなくて良いというわけではありませんし、洗顔ブラシさえ使わなければ良いという話でもありません。

洗顔は毎日行うもの。
だからこそ丁寧にそしてしっかりと行わなければ肌トラブルを招いてしまう原因なのです。

特に年齢を重ねるにつれ美容成分は失われるので、しっかり洗顔をしなければ昔よりも肌トラブルを起こしやすい状態。

ですからいくらブラシを使わないとはいえ、洗顔にもこだわらなければならないのです。

洗顔料を選ぶのであれば洗浄力ではなく、肌に優しくて美容成分が豊富なものを選んでください。

洗浄力を求めるのはクレンジングだけで十分。

洗顔は肌の表面の汚れを落とすだけのもの。
そしてその際の摩擦を美容成分で和らげるというのが本来の洗顔なのです。

毛穴の黒ずみや毛穴のメイク残りをしっかりと落としたいのであればクレンジングを選びましょう。

そして毎日行う洗顔だからこそ洗顔料にこだわってください。

洗顔料を選ぶポイントはとにかく肌に優しい洗顔料。

洗顔ブラシいらず!傷めずツルツルの「ぷるんぷるんの実」

洗顔時に肌を傷めるのは肌にとって一番良くないこと。

市販の洗顔石鹸では泡立ち重視で作られているため発泡剤(界面活性剤)という化学成分まみれです。
泡立つ洗顔は見た目が良いのですが、化学成分まみれだと実は肌に悪いというのは分かりますよね。

では発泡剤(界面活性剤)を避けていたら、石鹸を泡立てることができないではないか。と思うかもしれません。

しかしその答えで合っているのです。
洗顔にとって泡立てることは必要ありません。

泡立てない洗顔こそ余計なものが入っておらず、肌に悪い影響を与えることがないからです。

ぷるんぷるんの実というこんにゃく石鹸であれば、泡立ち不要、そして摩擦なしで洗顔を追えることができます。

こんにゃく石鹸を肌に撫でるようにして洗うだけで、顔に必要のない汚れや皮脂を落とすことができます。
そして肌を全く傷めずに洗顔する事ができるのです。

これはこんにゃくの吸着力と柔らかさだからこそ実現できること。

洗顔ブラシと泡立ち石鹸いう道具を使わずにこんにゃく石鹸というで泡立てない洗顔で傷めず落とすという洗顔に切り換えてください。

筆者もこんにゃく石鹸のぷるんぷるんの実を使って肌を傷めずに洗顔することができています。

毎日し適切な洗顔で肌を痛めている方はそれが普通になっているかもしれません。
しかしぷるんぷるんの実を使って数日経ってみると肌のつっぱり感やカサカサ感そして痛みなど全く感じなくなっていることに気づきます。

これは実体験済みなので、ぜひあなたにも体験して欲しいです。

 

天然の強力吸着成分のクレイ洗顔「ピュアクレイ」

でもやっぱりこんにゃく石鹸だけでは洗浄力が不安

皮脂の分泌が多いからもっと洗いたいな

と思う方もいるでしょう。

そんな方は洗顔ブラシを使ってください…。とはなりません。

ましてや強力なクレンジングを使いましょう。

ということも言いません。

皮脂の分泌が多い方は、敏感肌になりがちでどの洗顔石鹸を使ったとしても肌に痛みを感じますよね。

市販の洗顔料では発泡剤などの化学成分が多く、素肌が痛くなってしまう。
でも洗浄力は欲しい。

そんな時はクレイ洗顔で解決する事ができます。

クレイは泥。

クレイは汚れを磁石のようにひきつける性質があるので、多くの無添加石鹸など敏感肌の方専用に作られている洗浄剤に使用されています。

クレイは天然由来成分なので化学成分のように肌に悪い影響を与えるリスクはありません。

クレイ洗顔であれば何でもいいというわけではなく、クレイ洗顔+美容成分が豊富なもの使用してください。

現時点で一番オススメできるクレイ洗顔はピュアクレイ。

ピュアクレイは、天然クレイの力を最大限に引き出し、さらに美容成分を豊富なので洗顔と同時に美容パックとしている事と同じ効果を得られるのです。
もちろん界面活性剤は使われてないので敏感肌の方にもおすすめ。
色素沈着に効果的なビタミンC誘導体や天然由来の保湿成分で乾燥を防ぎます。

洗顔ブラシを必要とするくらい肌の汚れがひどい、でも敏感肌。という方はこのピュアクレイがおすすめ。

使い切って効果を得られないとしても、30日間の全額返金保証もあるので安心です。